零戦に全てを掛けた男たちを巡る
“現在進行形"の物語!

DVD付き書籍 遥かなる零戦

2018年4月28日頃発売!

MESSAGE

編著担当より

この『遥かなる零戦』は、零戦をこれまでにない方向から見つめ直した本です。

日本に里帰り飛行を果たした、零戦22型の発掘からここに至るまでの全記録と舞台裏に始まり、現在ただひとりの零戦パイロットであり、現役の飛行教官でもあ る柳田一昭氏監修による操縦マニュアルは、エンジン始動や離着陸に関して、実際 に零戦の訓練に使えるレベルを目指して詳細に説明しています。

当時の操縦士達が使っていた"捻り込み"については、パイロットの目線から解析した操縦方法を紹介し、機体を分解する時の手順も掲載。また連合軍の研究機関が1945年に出した栄エンジン分析レポートの翻訳では、当時の日本の技術者達の努 力や職人達のレベルの高さが伝わって来ます。

また、特別付録として映像(DVD)を2枚で作成致しました。1枚は2017年6月のレッドブル・エアレースで幕張までフライトした時の舞台裏を収録。そしてもう1枚には零戦分解の様子と、公開されなかった日本縦断飛行の模様を収録致しました。誌面と映像の両面から、今まさに繰り広げられている、零戦にかける男たちの 熱き浪漫を、たっぷりとご覧ください。



2018年4月 後藤武(編著担当)